ダビスタとクワガタの生産奮闘記


by dabikuwa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アメフト焼け

今日は横浜スタジアムでアメフトの試合です
右から5番目の選手がぼくです
d0016155_2140599.jpg

というのは全くのウソで観戦しにいきました

もう会社を辞めて何年も経つ、唯一尊敬していた先輩からアメフト観戦の誘いがありました
今年のお正月に一緒にいって面白かったので今回も見に行くことにしました
今回はアメフトの面白さについてこれから語りたいと思います

まず、本日の試合ですが
第1試合 松下電工インパルス 対 鹿島ディアーズ
第2試合 立命館大学パンサーズ 対 アサヒビールシルバースター
第3試合 関西大学カイザース 対 早稲田大学ビッグベアーズ
右側の応援席から全て応援していました

それぞれのチームの特徴として
無難な鹿島 アクロバットなアサヒビール 連携の早稲田という印象でした

第1試合から振り返ってみます
お正月は優勝した松下インパルス側で見たので今回は鹿島側につきました
注目選手は
この選手
d0016155_21522625.jpg


d0016155_21531054.jpg

この選手ですね

鹿島のタッチダウン!!!!!!!!!
するとチアリーダーが観客席にマスコットボールを投げようとしました
チア「欲しい人?」 ぼく「はーい!」 その他の人も当然「はーい」
なんと目が合いました
そしてボールが一直線に・・・・・・・
d0016155_22152997.jpg

見事ゲットしました  すんごく嬉しい
投げたのは2番目に注目してた選手でした 
ぼくに興味があるに違いない にやり
結果は応援していた鹿島ディアーズの勝利  やったね

第2試合はアサヒビール側の応援です
早速チアリーダーが二人入ってきました
見ると・・・・・・・・・・・・え?・・・・・・・・チアですか?
ビールで飼育された・・・・・のような・・・・・・・
先輩「立命館側いく?」
そのうち他にも続々と入ってきました  まあ、なんとか我慢しましょう
注目選手は
このLのカードを持った選手です
d0016155_2225831.jpg

足を上げたりしてますね
d0016155_22255059.jpg

アサヒビールをなぜアクロバットと表現したかというと
鹿島にはなかったこういう技を繰り出してきたからです
d0016155_22291141.jpg

この試合も応援していたアサヒビールシルバースターの勝利でした

第3試合は早稲田側
対戦相手は関西大学・・・・ん、よっしーさんは・・・・・・どこだろう?
関西大学は決定的なミスをおかしました
なんとチアリーダーズがいないのです
早稲田側だったのでぼくには問題ありませんが
早稲田はチアリーダーと吹奏楽部が連携しています
学生らしい応援ですね
前半が終わったところまでしか見ませんでしたがわずかに早稲田がリードしていました

アメフトというのはプレーがすぐに切れてしまいます
切れるとすぐにチアリーダーの応援が始まります
チアリーダーに見とれてるとプレーを見逃してしまいます
プレー1 対 チアリーダー9っていうところでしょうか
これがアメフトの楽しさです 
野球やサッカーとは違う楽しさがあります
今回のレポートで興味を持った人は足を運んでみてください 

6時間くらいずーーーーーっとみていたら大変なことになっていました
顔・腕・足(半ズボンだから)が日焼けして真っ赤です
こないだ一緒にサイパンに行ったときの小江戸っ子くんのように・・・・・

先輩、今日はいろいろとお世話になりました
また誘ってください

今週の土日を振り返ってみるといろんな人にお世話になりっぱなしです
とても感謝の気持ちで一杯となりました
[PR]
by dabikuwa | 2005-06-05 22:47 | イベント