ダビスタとクワガタの生産奮闘記


by dabikuwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

用心棒シリーズ 俺は用心棒

いつの間にか帰ってきた用心棒が終わり、俺は用心棒が始まりました
このシリーズは4作あり今回が最終作となってしまいます
登場人物は帰ってきた用心棒と同じ、用心棒の旦那(野良犬)、品田万平、田島次郎です

俺は用心棒第3話はかなり万平旦那の出番が多かったです
第2話の終わりに次回の予告が出たのですが、用心棒の旦那と田島くんが戦っているのに万平旦那は握り飯を作っていました

本編はというと3人の浪人は旅籠に泊まっていますが、相変わらず勘定を持ち合わせていません
用心棒の旦那は用心棒の手口を探しに行き、田島次郎は散歩をして稼ぐ気0です
残った万平旦那は旅籠の留守番を勤め勘定の埋め合わせをしています
それで握り飯を作っていたようです 
用心棒の旦那は仕事も見つかり攻めてきますが、そこは万平旦那が留守を勤める旅籠
すると用心棒の手当てを依頼主に返し、旅籠側に寝返ります
これもいつもの事です
依頼主側の渡世人と戦うことになり、万平旦那は作った握り飯を相手の口の中に押し込んじゃうし、さすが天地正大流です

エンディングはというと珍しくハッピーエンドでした
旅籠側を守ったし、勘定も手にいれ、荒らされた分多く勘定を置いて去っていきました

だいたいはバッドエンドが用意されています
・その回の話題の中心になる人達が全滅するパターン
・誰か生き残ってお骨を故郷に持ち帰るパターン
・生き残ってその後どうなったか誰も知らないパターン
・生き残ったけど、後追い自殺をするパターン
・生き残ったけど、キチガイになるパターン
ほとんどがこのどれかに当てはまります

ハッピーエンドになりそうな展開でも最後に死が待っていたり
そんな事が多いのでハッピーエンドを迎えると、なんだか唸ってしまいます

ま、万平旦那が余計な薀蓄を語る時間が多ければ多いほど満足度が高いんですけどね
[PR]
by dabikuwa | 2008-09-30 12:52