ダビスタとクワガタの生産奮闘記


by dabikuwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

サイパン3日目

サイパン3日目です
サイパンの日の出はガラパンからです(フィエスタから見て)
d0016155_1747140.jpg

またまた前日に買ったパンで軽く朝食を済ませます
日の出も遅く、のんびりした雰囲気のなか散歩して過ごします

3日目のメインはマニャガハ島ツアーです
d0016155_181947.jpg

前日にビーチで現地のツアーを申し込みました
このほうが断然お得です
マニャガハ島はサイパンから少し離れた無人島で海がとてもキレイなところです
マリンスポーツのメッカにもなっていて観光客も多く訪れます
出発前に虹が出迎えてくれました
d0016155_1751672.jpg

マニャガハ島までは通常、舟で移動するのですがバナナボートで行きました
スピードも速く、膝の状態が良くないので振り落とされるかと思いましたが、大丈夫でした
入島料として5$かかります
あまり日焼けしないようにやしの木の下に陣取りのんびり過ごします
それでもかなり焼けてしまいました
お弁当もついていましたがおいしくありませんでした
島は歩いて1週できるくらいの大きさで戦時中の跡も残っています
d0016155_17534356.jpg


砂浜は真っ白、やしの木も生えていて南国の雰囲気そのものです
d0016155_1833079.jpg

d0016155_1871752.jpg

d0016155_18915.jpg

d0016155_18132942.jpg


帰りはパラセーリングで戻ってきます
d0016155_18175357.jpg

たいてい2人乗りですが今回初めて1人乗りでした
その分1人当たりの時間が減るのでどっちがいいかとは言い切れません

午後も街のお散歩
前回も行きたかったジュリーズという1本1$のBBQ串をようやく買えました
やってるんだかやってないんだかわからず、1度行った時は20分後と言っていました
3年振りの念願がかなったわけで、これもおいしく夜のおつまみにももってこいという感じです
水分はほとんどビールで補給していたような気がします

ディナーはベトナム料理のサイゴン
ここはディナーでもランチ並みの安さで驚きました
チキンカレーっぽいのを選びました
d0016155_18213582.jpg

ライスはありません
日本のカレーとは違い甘い中にも辛さがあり、こういうのも好きです
しかも奇跡的に食べれない食材が入っていなく完食できました

サイパンの夜についても少しお話しましょう
サイパン一の繁華街はガラパン地区でほとんどがここに集中しています
日本語の看板が多くマッサージ・カラオケ・ナイトスポットなどがあります
中国人の経営が多く日本人をターゲットにしています
目につくのがマッサージや指圧店の多さです
政府公認と書いてあるところもありますが、どこの政府の公認か誰もしらない
真面目なマッサージのようです
サイパンは過去に何度か行っていますがマッサージを受けたことがありません
後学のために1度体験してきました
すごくかわいいコがいたD店に行きました
もちろん政府公認の店です
そのかわいいコは呼び込み専門でサイパンにきてまだ2週間とのこと
指圧はできないようでしたが、無理にお願いしてみました
ほんのわずかでしたがお話もでき、良い体験でした
お店の信用にかかわるということでちゃんとした先生に交代
指圧というのは日本でもしたことがなく、結構痛いです
日に焼けて帰ってきたので尚更です
値段は安いのですが、期待したほどでもありませんでした
内容はいたって真面目な指圧ということを伝えておきます
最初のかわいいコに来年の予約をしておきました
それまでに指圧できるようになっておいてね

2008年の旧正月は1月26日でした
中国人の多いサイパンでも大変盛り上がっています
街の至る所で爆竹がなり、花火があがります
d0016155_18331634.jpg

通行人がいようが車が通ろうが、かまわず花火をあげます
いろんな方向に飛んで行き車の下で爆発したりホテルに向って飛んできたりもします
d0016155_18353616.jpg

d0016155_18451887.jpg

d0016155_1845424.jpg

d0016155_1846942.jpg

d0016155_184636100.jpg

d0016155_18465749.jpg

いかにも中国らしい感じですが肌身で味わうことができました
3日目の夜から4日目にかけての出来事でした
出発前にその情報を知らなく、現地で知り、偶然にも旧正月に当たったのは運が良かったと思います

そして夜が明けました
[PR]
by dabikuwa | 2009-01-28 18:47