ダビスタとクワガタの生産奮闘記


by dabikuwa
カレンダー

<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

7月28日から30日 東京ビックサイトで第6回オートギャラリーが開催されました
我々、毎日更新新聞のカメラクルーも取材に行ってまいりました
カメラクルーのメンバーは
ラッツカメラマン (生物・スポーツ部門担当)  小江戸っ子カメラマン (競馬・芸能・映画部門担当)  2号機カメラマン (音楽・エロ部門担当)の3名です

私ラッツは担当部門の生物に的を絞りカメラに収めてきました
生物に興味のある方はご覧になってください


d0016155_12565027.jpg

2
d0016155_12585332.jpg

3
d0016155_131319.jpg

4
d0016155_13225747.jpg

5
d0016155_1323968.jpg

6
d0016155_13232246.jpg

7
d0016155_13233598.jpg

8
d0016155_13234990.jpg

9
d0016155_1324248.jpg

10
d0016155_13241747.jpg

11
d0016155_1324318.jpg

12
d0016155_13244846.jpg

13
d0016155_1325478.jpg

14
d0016155_13251893.jpg

15
d0016155_13253874.jpg


ラッツによる生物学的な見解として
1はかわいかった
3と9は大きかった
13は生物でなないが、生物以外を好む人もいると思いカメラに収めました
14はエロかった

オートギャラリーは「カーアフター業界のさらなる活性化」をテーマにスタートし今年で6回目
第1回目はかなり閑散としてたようですが、今では夏のカスタムカーの祭典として定着したように思います
我々、毎日更新新聞は来年も取材にいくつもりです

最後に
毎日更新新聞に対するご意見・ご要望、また人気投票なども受け付けています
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-31 13:39 | イベント

新たな産地を求めて

虫人としてオオクワペアを採集することができたので、今回はえすさんと新たな産地を求めて採集へ行ってきました

3つの候補の中から1つ選び、その周辺で灯火の張れそうな場所を探します
すると開けた場所があり、まさに灯火をしてくださいと言わんばかりの場所
d0016155_1002921.jpg

しかし背後の急斜面は土砂がくずれた後
前方の山の前には川が流れていて熊がでそうなポイント
広葉樹はあるものの細いものばかりなのでやめました

次なるポイント
d0016155_1022224.jpg

ブナ林が近くにあるのでここに決定  時間もあまりないし

午後7時に点灯
カメムシや蛾の数がすごい
7時40分第1クワガタが飛来
d0016155_1035584.jpg

今回はミヤマの♂でした

お次はミヤマの♀
d0016155_1045763.jpg

8時台にポツポツと飛んできましたがちょっと少なめ

10時に消灯
結果は
ミヤマ♂9 ♀8 コクワ♀1 アカアシ♀1 ゾウムシ1

ミヤマ♂は小型ばかりでした

片付けが大変
蛾や虫の数がすごくておまけにコウモリまでスクリーンやシートにとまってるし
ネズミ嫌いのえすさんは固まってました

片付けのことを考えるとスクリーンなしのスポラートのみというほうがいいかもしれません
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-30 10:08 | クワカブ採集編

プリンカップから引越し

ヒラタクワガタもなるべく卵で取り出すようにしています
ノコギリと一緒で♀に食べられてしまうからです

先日、卵2個を取り出しプリンカップにまとめて入れておきました
卵の姿が見えなくなったので取り出してみると2齢幼虫が2匹でてきました
1匹は頭でっかちの2齢になりたて
それにしても早いなぁ
さらによく見ると小さな幼虫が1匹
卵の周りのマットを詰めていたのでその中にもう1個卵があったようです
予想外のラッキーでした

もう1つのプリンカップからは大きくなった幼虫が見えます
取り出してみると
d0016155_1983078.jpg

既に3齢になっています
これは♀のようです

大きな瓶に入れ替え
自家製醗酵マットは間に合わないので月夜野のクワマットで飼育することになりました

今年は去年より幼虫が多く取れているので、菌糸瓶(数種類)などテストしていきます
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-27 19:12 | ヒラタクワガタ

2006産卵状況

ものすごく相性の悪いノコギリクワガタ
今年の目標は10個以上の卵をとること
大きさはその次かな
あえていうなら65mmオーバー

7月上旬に採ってきた新潟産のノコギリクワガタは♂♀とも健在です
先日、第1卵を発見しました
翌日取り出そうとしたらもうありません
また♀に食べられてしまいました
今年も相性最悪・・・

数日後に第2卵を発見
無事確保しました
材の中からも1つ発見しました
ノコギリは材にも産むんですね  知らなかった

そして本日、3つ目の卵を発見し捕獲
よし、がんばろうっと
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-26 21:16 | ノコギリクワガタ

アレ!

近いうちにあの企画があるようです

以上
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-25 21:17

競馬ゲーム振り返り

恒例の競馬ゲーム振り返りです

まずは駅伝BCが終了しました
我がちーむ・なんでやねんは7位といつも通りの半端な成績
さしみさん1人の活躍に救われました
優勝はEndless cruising  おめでとうございます

ダビスタな集会室
ダート・レース 中山 ダ2400m  
バンカーバスター 8着 ラッツプリズナー12着ビリ

競馬伝説live
歳が明けて1月1週になりました
前シーズンは9勝でその前のシーズンより成績が落ちました
今は勝ち鞍を伸ばすよりオープンを勝たなければいけないという課題があるので仕方ありません
なんとか今S中に勝ちたいものです
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-24 21:57 | ダビスタ
またまた新潟まで採集に行ってきました
今回は2号機さんとへと師の3人なので灯火も組みました

場所は前回オオクワを採った時に下見をしてきたところです
午後7時に点灯開始
d0016155_1453615.jpg

今回選んだ場所のメリットは開けたスペースがあること
いつもは草むらの中でやってるようなものでしたが

設置完了後2号機さんとへと師は前回ぼくがオオクワの♂を採った場所へ見回りにいきました
居残りのぼくはというと
7時40分第1クワガタがやってきました
d0016155_1481754.jpg

ミヤマの♀です 
これで3回連続ミヤマ♀からスタート
これを皮切りにクワガタの飛来ラッシュ

自分にとまるミヤマ♀
d0016155_14105257.jpg

1人で大はしゃぎしてると
アカアシの♀やら
d0016155_14113627.jpg

ミヤマの♂も次々と飛んできて手に負えない状況
d0016155_14126100.jpg

拾ってる間に次々と落ちてきて虫ポーチに入れる間もありません
ミヤマ♂に挟まれながらも1度に4匹も手の中に

そして大きな黒いクワガタがシートに潜ろうとしています
またまたオオクワ♂!!!!
d0016155_1414149.jpg

ん、なんか違うぞ
ヒメオオの♂でした  驚きました

その後も次から次へとミヤマが飛んできます
もう虫ポーチに入らないくらい中でうごめいています
写真なんか撮ってる暇もありません

2人もやっと戻ってきました
そこにはなんとオオクワの♀がいたのです
d0016155_14163689.jpg

前回採ったオオクワ♂は七夕にちなんで彦星と名付けていました
そして今回捜し求めていた織姫も見つかったのです
へと師おめでとう
これで我々の虫人血統ができます

ここで大きな衣装ケースに虫ポーチから移すと
d0016155_1419257.jpg

一体何匹、ポーチの中に収容してたんだろう

3人揃ってからもミヤマの集中攻撃を浴びとんでもないことに
そして10時20分に消灯
今回の灯火では
ミヤマ大量・アカアシ数匹・コクワ数匹・ヒメオオ♂1で
合わせると100匹くらい採れたんじゃないでしょうか

こんなにいても仕方ないのでほとんどを逃がしてきました
ぼくはミヤマ3ペアとヒメオオをお持ち帰り

今回、灯火の威力をはじめて思い知りました
ただオオクワが飛んでこなかったのが残念
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-23 14:33 | クワカブ採集編

飼育用品購入

羽化ラッシュが一段落したと思ったら、産卵ラッシュが始まりました
ということで飼育用品を大量に購入しました

月夜野きのこ園から
菌床ブロック(basicくぬぎと380菌庄)
クワマット
ゼリー100個
添加剤
など

今年、力を入れていく種類は国産のコクワ・ヒラタ・ノコギリ
それぞれの目標は
コクワ 50mmオーバー
ヒラタ 65mmオーバー
ノコ 10匹以上の幼虫

380菌床ブロックはヒラタ向きの菌庄です
水分や添加剤が多目なせいかやや扱いにくいそうです
実際にブロックを崩して瓶に詰めていくと柔らかい
強く詰めようとすると水分がにじみ出てきそうな感じです
固詰めしないようにとのことなので詰め込み作業は非常に楽でした

久々に醗酵マットも作ろうと思います
粉砕マット20リットルに小麦粉400g・フスマ150g・ビール酵母30g・水500mlを投入しよくかき混ぜます
d0016155_2155142.jpg

失敗して腐りにくいように水分は少なめにしました
25度以上で醗酵が始まるので、しばらく放っておきます
さてうまくいくかどうか
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-20 21:08 | クワカブ飼育編

メタリフェル12

メタリフェルは全て成虫になりました
圧倒的に♂の数が多かったです
しかしなかなか大きくはなりませんでした
唯一60mmに達した固体です
d0016155_21374058.jpg

体の半分が大顎ですね

今度は正面から
d0016155_21382548.jpg


今回初のメタリフェル飼育ですがかなりの産卵数だったのでいろいろ実験してみました

マットの種類と感想

・粉砕マット
 無事に成長しますが大きくはなりません

・醗酵マット(2種類)
 醗酵マットとかなり土に近い醗酵マットの2種類を使用しました
 粉砕マットよりは若干大きくなりましたが、2種の差はわかりませんでした

・菌糸(2種類)
 メーカーの違う2種類を使用
 1つは全く合わず全て死亡または救出
 月夜野製には対応していましたが、羽化したのは♀1のみでした

・菌糸+醗酵マット
 2齢で投入したので対応できると思いましたが、弱ってしまい救出
 粉砕マットで無事に羽化までこぎつけてくれました

・オオクワの食い残し菌糸
 唯一の60mmに達した固体がでました
 蛹で死亡した個体はこれ以上大きかったです
 今回の実験では1番良い成績が得られました

案外、腐食の進んだものがいいのかな
腐葉土で飼育した場合はどうなるんだろう?

メタリフェルは1ペアと最大♂と羽根パカ♂を残しすべて配ってしまいました
そのペアが卵を産んでいました
小さなケースなのでそんなに産んでないことを期待
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-19 21:50 | メタリフェル

コクワ13

コクワにも動きがありました
去年産んだ親が今年も産んでくれました
材を割ってみると7匹でてきました
d0016155_2185630.jpg

もう既に2齢と3齢になってるし

今年のコクワは早めに産ませて夏を涼しく過ごさせ菌糸または醗酵マットで育てようと思ってたのに
割り出すのが遅すぎました

醗酵マットはあるけど今年は自家製醗酵マットは作ってないし
菌糸も用意してないし
ちゃんと計画的にやらないとダメですね

コクワは今年生まれた中からも1ペア作ろうと思います
産まれてきた幼虫は東京23区産のF3になるのかぁ
がんばろうっと
[PR]
by dabikuwa | 2006-07-18 21:12 | コクワガタ