ダビスタとクワガタの生産奮闘記


by dabikuwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

オオクワ羽化第3弾

散々な結果のオオクワ報告
今回は羽化第3弾

南会津オオF1
① 月夜野エレメント  性別不明 07年8月22日1齢 08年6月26日3齢瀕死 7月中旬死亡
水田と化した菌糸瓶から砂漠のようカラカラマットに移した瀕死の幼虫
砂漠の中ですぐにでも倒壊しそうな蛹室を作り♂の蛹となりました
しかし体力の限界だったようでやはり死亡しました

③ 月夜野380菌床  性別♂ 07年9月6日1齢 08年1月2日3齢エサ交換 7月26日取り出し
d0016155_22292827.jpg

♂67mm
珍しくまともに羽化してきました 半年前に1度エサ交換したからでしょう
しかしマットはギリギリの感じでした 

⑪ 月夜野エレメント  性別♂ 07年10月27日2齢 08年7月26日取り出し
d0016155_22312179.jpg

♂62mm
エサ交換なしですがよく羽化までこぎつけました

オオクワは残り2匹
あのコクワみたいにちっちゃい蛹がどうなるか楽しみ
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-27 22:33 | オオクワガタ
去年産まれたヒラタ幼虫でとうとう最後の1匹が羽化しました
ヒラタ練6055系F3

⑨ 月夜野完熟マット 性別♀ 07年5月30日1齢 6月18日2齢 9月10日3齢 08年1月5日エサ交換 7月26日取り出し
d0016155_221418.jpg

♀34mm
最後の1匹
大きさはどうでもいいとして重大な欠陥がありました
裏返してみると
d0016155_2231981.jpg

腹部不全とでもいうのでしょうか
完全体ではありません

重症だった練62161系④の羽根パカくん♂55はつい先ほど死亡しました
成虫となって2ヶ月
仕方ありません

これで全て羽化したので系統別にまとめてみましょう
練6055系F3
②♀34mm ⑦♀37mm ⑩♀35mm ⑫♀34mm ⑤♀35mm ⑥♀36mm  ⑪♀35.5mm ⑧♀39mm ⑮♂57mm ①♂63mm ⑬♀38mm ⑭♀36mm ♀40mm ♀34mm 平均♂60mm ♀36.125mm
♂2 ♀12 死亡2という結果です
練62A61系F3
⑤♀38mm ⑥♀37mm ⑨♂65mm ⑧♂61mm ⑩♀36mm ④♂55mm ⑫♂60mm ⑭♀34mm ①♂64mm ③♂66mm ⑦♂62mm ⑪♀36mm ⑮♀33mm ⑯♂61mm ⑰♀36mm ⑱♀32mm 平均♂61.75mm ♀35.25mm
♂8 ♀8 死亡2という結果です
2系統合わせた平均は♂61.4mm ♀35.775mmでした
今年の♂の平均は60mmを超えました 素晴らしい結果です


続いてエサ別のデータをまとめてみましょう
自家製醗酵マット
♀35mm ♂65mm ♂60mm 平均62.5♂mm ♀35mm
月夜野完熟マット
♀34mm ♀35mm ♀39mm ♂63mm ♀34mm 平均♂63mm ♀35.5mm
月夜野380菌床
♀37mm ♀36mm ♀38mm ♂57mm ♀37mm ♂61mm ♀36mm ♀34mm ♂64mm ♂66mm ♀33mm ♀36mm ♀32mm 平均♂62mm ♀35.44mm
月夜野エレメント
♀34mm ♀35.5mm ♀38mm ♂55mm ♀36mm ♀40mm ♂62mm ♀36mm ♂61mm 平均♂59.33mm ♀36.58mm
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-27 22:18 | ヒラタクワガタ

去っていった用心棒

昨日はテニスを始めると暫くして嵐が押し寄せました
仕方なく中止
その後、嵐は去っていった

そんな日は日本酒でも飲みながら待っていた用心棒でも見ましょう
用心棒4シリーズのうち、2作目の待っていた用心棒だけ、主役の野良犬役が違います
野良犬役と製作側の折り合いがあわず18話(全26話)で降板となりました
野良犬は船に乗りどこへ行ったか誰も知らない

19話には勝新太郎の兄、若山 富三郎が代役を務めた
残りわずか
もう1回登場するらしい

尊敬する天地正大流柔術師範、品田万平旦那はここのところ板前ばかり
19話で久しぶりに戦いに参加していた
用心棒シリーズ全てに出てくるのでうれしい
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-26 09:40

真夏の男祭り

今年3戦目となる大会へ出場してきました
このクソ暑い中での試合です 気が滅入ります
男子ダブルスBで60チームがエントリー
もちろんパートナーはデスラッシュさんです

第1試合
2時間待たされようやく出番です
今回は筋肉痛にならなかったのでいつもより落ち着いて出来たのかもしれません
サーブ・ストロークとも良く6-1で勝利

第2試合
デスラッシュさんの引きの強さでまたも左利きが登場です
試合前のサーブ練習は相手2人のサーブが良くて取れません
こちらのサーブはじっくり見られ強烈なリターンが返ってきます
かなりの強敵で早くも正念場です
第1ゲームのサービスでなんとか40-30とリード
相手は平行陣でしたが、得意の逆クロスサイドだったので、強く打つことができました
まずキープして安心
その後も強敵であることには変わりませんが、終わってみれば6-0
不思議な試合でした

第3試合
試合前のサーブ練習で4本ともネット
しかしトスで勝ちサーブを選択
なんとかそのゲームはキープ
この日1番弱い相手に感じましたが、鳥好きの為かチキンハートが出てしまいました
ストロークが打てる気がしません
こうなると全てのプレーがダメになります
サービスゲームも落とします
途中まで3-3とシーソーゲーム
デスラッシュさんに全てを託すしかもうありません
おかげで6-3で勝利 頼もしい限りです

第4試合
前の試合に引き続きチキンハート状態です
サービスゲーム2つとも落としました
デスラッシュさんが孤軍奮闘するも、及ばず2-6で敗れました
初級に後戻りです
こう情けないプレーしかできないとホント申し訳なく思います

結果はベスト8
後半の恥ずかしいプレーを考えると落ち込んでしまいます
ただ自分の実力以上の(デスラッシュさんの力を大いに借りて)結果を残せているので、喜びも味わいましょう

いつも思うことですがぼくはかなり仲間に恵まれています
かなりへぼかった1年前にペアを組んでくれて育ててくれたデスラッシュさん
ペアの強化を考えてくれるデスメタル監督、応援してくれるまんまるこがねさん
一緒に練習してくれるみんな
ありがとうございます
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-22 12:21 | スポーツ

雑談

今日はヒラタとオオクワの話をまとめてみます

まずはヒラタ
エサ交換をしていると1匹の♂が死んでしまいました
なぜ?
と思いましたが、1年振りに1匹部屋に戻ったF2の62Aでした
F2の62Aは去年羽化した中で最大であり、今年最大のF3の66mmの親でもあります
お疲れ様でした

今年セットした3ペアの様子を見ていきましょう
1 練62B61F2 ♂62×♀39
去年羽化した最大タイの62Bと同じくF2同士のペア
F3幼虫が9匹と卵を3つ確保

2 練6640(60) ♂66×♀40 
62A系最大♂の66mmと60系最大の♀40のF3同士のペア ワイルドの3×3のインブリード
今年1番の期待の血統
なんとか卵5個確保

3 練6562AF3 ♂65×♀38
こちらは純粋に62A系の血統 62A系では№2の♂65mmと№1の♀38mmのF3同士のペア
セットして産むまで1週間かかりましたが7個ほど卵を確保

こう暑いとだんだん産まなくなってきています
3系統いるわりには去年の2系統より幼虫が少なくなりそう


続いてオオクワの話
くたばり損ないの幼虫が2匹います
1匹はコクワみたいな小さな幼虫で前蛹で死にそうだった
ケースの底に蛹室があるの無駄と思いながらひっくり返しておきました
既に死んだと思ってから数日経ったのでみてみると蛹になっているように見える
無事に羽化したとしたらどれだけ小さいのだろう

もう1匹のくたばり損ないは水浸しのマットで1ヶ月以上生き延びてきた幼虫
鬼のラッツといえあまりに見かね乾ききったマットに移し変えておいた
水浸しから水分の一切ないマットという急激な環境変化
そんな中で今にも崩れそうな蛹室を作り蛹にまでなっていました
幼虫最後の力を振り絞ったのでしょう
成虫になる余力は残ってるのかな
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-16 18:43 | クワカブ飼育編

仔メダカ増殖

室内産まれの仔メダカちゃんも成長してきました

睡蓮鉢を覗くとこちらも仔メダカちゃんがウヨウヨいます
d0016155_16531770.jpg

最初は左上のコケ地帯で集団生活をしていたのですが

みんな勇気があります
親メダカから逃げ回って泳いでいます
体が大きくなっているのもいます
かなりの数が淘汰されると思っていましたが、いまのところ頑張っています
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-06 16:55 | さかな

ヒラタ3セット

今年のヒラタは3セット組みました

1 練62B61F2 ♂62×♀39 幼虫はF3
今年羽化したのが間に合わないかもしれないので去年羽化した控えです
こちらは子供が生まれてきました
① 月夜野旧完熟マット 性別不明 08年6月26日2齢
 卵を取り出そうと思ったら1匹だけ2齢ででてきました
② 月夜野旧完熟マット 性別不明 08年6月26日1齢
 こちらは1齢
③ 自家製醗酵マット 性別不明 08年7月1日1齢
 去年の自家製醗酵マットの残りです
④ 自家製醗酵マット 性別不明 08年7月1日1齢
 以下同文
⑤ 月夜野新完熟マット 性別不明 08年7月2日1齢
 新しくなった月夜野新完熟マットです
 粗さが減り熟度が増しました 
 土に近いくらい熟しているので自分が想像していたものとは違いました
 月夜野にとっては作りたいものができたんだと思います
 もう少し木質がある方が良かったです
 それがクワマットなのかな
⑥ 月夜野新完熟マット 性別不明 08年7月2日1齢
 以下同文
⑦ 月夜野380菌床 性別不明 08年7月5日1齢
 羽化したその日に菌糸に投入
⑧ 月夜野380菌床 性別不明 08年7月5日1齢
 以下同文
番号管理ができてるのは⑧まで
そのほかに今日孵化した幼虫1匹と卵が2個取り出してあります
そろそろ打ち止めかな

2 練6662A×練4060F3 ♂66×♀40 幼虫はF4
2系統のインブリード さて、どういう表記にしようかな
練6662A(60) 競馬みたく母父は()にしましょう
ヒラタの早産みとは言ったもののなんとセットして2日後に卵を産んでました
しかも5月羽化でゼリーを1回しかあげてないのに
現在卵3個確認 取り出しはまだ

3 練6562AF3 ♂65×♀38 幼虫はF4
こちらは純粋に練62A61系同士でセット
♂の№2の65mmだって子孫を残してあげたい
♀はもう1系統に39mmがいましたが、同血統№1の38mmを選択
今日セットしたばかりです

今年はこの3セットで行きましょう
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-06 14:34 | ヒラタクワガタ

虫ポーチの寿命

先週、大佐と採集に行った時の帰りの出来事

運転中の大佐が腕にクワガタついてない?と聞いてきました
確かに大佐の腕をクワガタが歩いています
虫嫌いな人だったらパニックを起こし事故ってしまうかもしれません
が、大佐は至って冷静です

採集の帰りの車の中にクワガタが脱走しているのはよくある話
しかしその日はやけに多い
虫ポーチに穴が空いていたのです
愛用の虫ポーチには相当数のクワガタを収めてきました
2年前のミヤマ100匹ポイントではもう入らないだろうというくらいギュウギュウに押し込みました
d0016155_11383263.jpg

虫ポーチも充分役割を果たしました

穴の状態はこんな感じ
d0016155_11354853.jpg

小さいのは脱走してしまいます

とりあえず適当に修復してみました
d0016155_11413345.jpg

底の部分も穴が空いてましたがガムテープで補強

新しい虫ポーチを買いたいのですがなかなか見つかりません
虫ポーチがどこに売っているか誰も知らない
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-05 11:43 | クワカブ採集編

浪蛙

上陸訓練をはじめたオタマガエル

長いシッポがあっという間になくなった時、のこ浪蛙は脱走を試みる
そしてどこにいったか誰もしらない
(用心棒風ナレーター)
d0016155_2125578.jpg

[PR]
by dabikuwa | 2008-07-02 21:26 | さかな

次世代ヒラタ

ヒラタをセットするにはだんだん遅くなってきました
今年1番の♂66mmと♀40mmをセットしました
代々2系統にわけてきましたが、ここでワイルド54mmの3×3のインブリードを発生させます
間に合うかな?

念のため去年、セットしなかったもう1匹の62mmをセットしてあります
練62B61系となり、既に幼虫6匹、卵5個くらいを確保
これで来年ヒラタが羽化してこないという事態は免れます
[PR]
by dabikuwa | 2008-07-02 21:22 | ヒラタクワガタ