ダビスタとクワガタの生産奮闘記


by dabikuwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年 05月 23日 ( 1 )

オオクワガタ12

オオクワガタの飼育を始めたのっていつだろう
会社に入ってからだからもう7年くらい経つのかな
その頃はあまり情報もなく仲間もいなく細々と飼育していました
4代まで続きましたが最後の2年くらいはほとんど産みませんでした
今は1匹の♂が生き残ってるのみです

去年はいろんな人からオオクワが回ってきて、かなりの幼虫がいます
先日は♀1号が羽化しました

今回は♂編です
第1号の幼虫時代のラッツ牧場長のコメント「順調に育ってます
ようするに特に印象がなかったわけです
しかし掘り出してみるとデカイ!!
数年ぶりにみる♂の新成虫に驚きました
d0016155_21182783.jpg

サイズ  74mm
産地   東日本
マット  菌糸

父はラッツ牧場最後の生き残りの山梨系72mmF4
母は2号機さんから頂いた青森八甲田産F1
ということで東日本産ということになります  Fいくつ?

第2号は「かなり大きくなりそうです」とラッツ牧場長
こちらは期待してましたががっかり
60mm後半くらいでしょう  1匹目と比べると小さく見えます
一応兄弟です

第3号はまだ羽化したて
会社に行く前に羽化中でしたが、なんか苦戦してる感じ  大丈夫かな
帰ってきたけどやっぱりだめ
上半身がうまく脱皮できてないようです
さらに1日経ちましたがまだ残っています
少しはよくなっていたので体が乾けば取れるのかな
こちらも牧場長によると「かなり大きくなりそうです」のコメント付き
大きそうだが果たして・・・

今のところ♂3♀1が羽化しました
大きな♂ほど羽化まで時間がかかるといわれてますがどうでしょう
コクワにしても大型から先に羽化してるような気がします
[PR]
by dabikuwa | 2006-05-23 21:32 | オオクワガタ